フェレットとお散歩したいけどリードは本当に必要?

お散歩

フェレットの散歩が物議を醸してますね。わたしは、リードでお散歩をさせない派です。フェレにデメリットが多すぎるので…。

しかし、散歩で飼い主とフェレをつなぐものは必要と思ってます。しかし、犬と違い、それはリードではなくキャリーです。

飼い主とフェレをリードでつなぐのではなく、安全な簡易キャリーを使いお散歩をしましょう!

【PR:マルットペット|楽天市場なら500円でお試し可能!】


フェレットのお散歩|主役はリードではなくキャリーケース

キャリー内のつな

犬はリードとハーネスでつながれて、お散歩をします。フェレットはリード・ハーネスで、飼い主とつながれてお散歩をしない方が安全です。フェレ散歩には、リードではなく布製キャリーケースがおすすめ!

「なぜ?」と思う方もいるかもしれませんね。ここでは、その理由を紹介します。


理由①フェレ自身は別に歩かなくていい

フェレットは犬と違って、散歩は必要ない動物です。散歩をしなければ、運動不足になるということはないんです。小さな体で室内を跳ね回り、走り回って運動不足を解消できます。

だから、外を歩いてお散歩させる理由はありません。外に出るのは、フェレットにとって「必要不可欠」ではなく、気分転換に過ぎませんからね。

飼い主さんの持つキャリーに入って外を見渡すだけでも、十分フェレットは楽しいんです。天敵がいるかもしれない野外に、自分で足を踏み入れなくても飼い主さんが連れ回してくれるんですから。

楽天ブックス
¥1,100 (2024/05/17 05:27時点 | 楽天市場調べ)

理由②単純にお外は危険が多いため保護が必要

お外には以下のような、フェレットを狙う天敵がたくさんいます。

  • トンビ
  • カラス
  • 小さな子ども

もし大切なフェレットが敵に襲われて食べられたり、危害を加えられたりしたら嫌ですよね。 それを防ぐために、飼い主さんは中が見えないキャリーケースに入れて、フェレットを守ってあげてください。

あなたの大切なフェレットを守れるのは、ほかの誰でもない飼い主さん自身です。


理由③フェレットの脱走を防止する

フェレットはすばしっこい生き物です。細長い体で抱っこをしていてもすり抜け、脱走してしまいます。

おとなしく抱かれていた子が何かの物音に驚き、 怖がって飼い主さんの元から逃げてしまった……。そんなケースも珍しくありません。

迷子になってしまわないよう、リードでつなぐのではなく、安全なキャリーに入れてお散歩を楽しんでくださいね。

↑キャリー+リードの実例です!大柄な子はリュックタイプを使ってお散歩もいいですね。

フェレット散歩のおすすめ簡易キャリーを紹介

ペット用簡易キャリー

ここで、こちらの画像をご覧ください。カバン……に見えるかもしれませんが……。

──これはキャリーです。あの天下のアイリスオーヤマさんが販売する、まぎれもないペットキャリーです。

キャリーのなか

遠くからみると、中はほとんど見えませんが……。

つながみえた!
\ここにいるのよ!/

近づくと、つなが入っています。この簡易キャリー、つなさんがお散歩に使っているものですが、フェレットがいると気づかれることはほとんどありません!素晴らしいガード仕様……さすがアイリスオーヤマ様、愛してる←

外から見えない=子どもやワンちゃんからの接触を避けられるんですよ。しかし、つな側からはお外がよく見えます。楽しいお散歩にはうってつけですね。

フタ付きなので、フェレットが散歩中に逃げることもありません。布製ショルダーバッグなので、長い間持っていても疲れにくいのも嬉しいポイントです。

フェレット1本で、Sサイズがちょうどいいくらいです。ぜひお試しあれ。


フェレットの散歩はキャリーでご安全に!

まとめのつなさん
いっしょにいることが、しあわせなのよ!

フェレットのお散歩は、リードでつないで歩かなくても全然大丈夫です。大好きな飼い主さんとお外を一緒に……というだけで彼らは幸せですから。

安全に気をつけてフェレを守りつつ、お外でのお散歩を楽しんでくださいね。

【PR:マルットペット|楽天市場なら500円でお試し可能!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました